合宿免許の選び方のポイント

合宿免許を受け入れている教習所はたくさんあります。料金や期間、場所、自炊プランの有無などのほかにも選び方のポイントがあります。まずは、保障内容です。金額が安いからといって安易に申し込んでしまうと、何かとあとから料金が加算されてしまうということも考えられます。特に、教習が思った以上に長くかかってしまう場合です。通常の教習だと、一回の教習ごとに追加料金が発生しますが、合宿で教習を受ける場合はある一定の期間内であれば教習が何度でも受けられるような保証制度があることがほとんどです。まずは、教習所の保証内容がどのようなことかを調べましょう。

さらに宿泊先がどのような場所かも重要です。ホテルかもしれませんし、民宿かもしれません。あるいは、アパートの一室などを貸し切るようなところもあるでしょう。自分や一緒に行く友達のライフスタイルに合わせてどのような宿泊先がストレスを感じずに過ごせるか吟味することはよいことです。また、男女が別の建物で合宿できるのか、それとも男女一緒に合宿する場所なのかも重要なポイントです。特に女性の場合は、女性限定の合宿所の方が安心できるという方もいるでしょう。このような細かい合宿の内容にも目を留めてじっくりと比較検討することが後悔しない教習所選びの一つのポイントになります。

自炊プランのある合宿所

合宿免許はそれだけでも格安なのですが、その内容を選ぶとさらに安くすることができます。中でも注目されているのが、自炊プランのある合宿免許です。自炊プランですので、当然合宿免許の費用の中に食費分は含まれません。そのため自分の食欲や好みに応じて自由に自炊することができるこのプランを選択する方は少なくありません。調理器具も備え付けられているため、自分で現地調達したもので毎日自炊すれば料理も満喫できるかもしれません。場合によっては、部屋を貸切るタイプの合宿免許もありますので、友達同士で一緒に申し込んで合宿をしても良いでしょう。

ただし注意したいのは、その場所の近くに食材を購入しやすいお店があるかどうかという点です。たいていの場合、近くには何らかのショッピング施設があるとは思いますが、事前に周辺の状況を良く調べ、手に入らなそうな食材はある程度持参しても良いかもしれません。また、必ずしも毎日自炊をしなくても、地元の料理を外食で楽しむことも自由です。用意された食事ではなく、自分のペースで、好きなものを食べたいと思う方にとってはぴったりなプランといえるでしょう。毎年、申し込みが多い人気のプランとなることも多いので早めの申し込みを心がけましょう。

免許を取るなら合宿免許がお勧め

自動車の運転は社会人にとってはぜひとも持っておきたい免許の一つでしょう。特に公共の交通機関がそれほど充実していない地域の場合は必須ともいえるかもしれません。しかし、運転免許を取得するためには多くの場合教習所に通わなければならず、その教習費用も少なくとも20万以上はかかります。すでに働いている社会人にとっても負担ですし、ましてや学生や卒業したての方にとっては大きな出費となります。

そこで注目されているのが、合宿免許です。まず合宿免許であれば、期間も最短2週間ほどで取得までこぎつけることができます。合宿で教習可能時間を取り分けていますので、自分でプランを決める必要も特になく、初めから組み込まれたカリキュラムをこなしていけばいいというわけです。また、住んでいるところから少し離れた合宿所であればレジャー気分も味わえますし、多くの場合日曜日はフリーになりますので、一時的な帰宅やその土地の観光にも充てることができます。

外部サイト……免許取得と観光が可能な教習所を見つけられる【合宿免許HUNTER】はこちら

また多くの場合、普通に通う場合と比べて費用が格段に安くなります。最安の場合20万円を切るところもありますので、あまりお金のない学生さんや卒業したての方にとっては特に役立つことでしょう。特に4-7月、10-1月は利用者が減るために安くなっていることが多いので、ある程度合宿に行く時期を決める融通の利く人にとつてはさらに好都合といえます。また、合宿での教習を受け入れているところは比較的田舎にあるため、広い道で実地教習ができるのもメリットの一つといえるかもしれません。このようなメリットのたくさんある合宿免許についてまとめました。